わたしたちが海老名市にツタヤ館を作りました 2015.11.29更新

海老名市が公開している海老名市 平成25年第4回海老名市議会定例会(12月)議案書に「議案第60号 指定管理者の指定について(海老名市立図書館) (PDF)がある。これは、同年4月に武雄市立ツタバ書店が開店して約8ヶ月が経過したときに、実効上海老名市立図書館のツタバ書店化を目指して、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社を海老名市立図書館を指定管理者として指定することを市議会に対して同意を求めた議案である。

同議案の採決結果が、「平成25年第4回海老名市議会定例会(平成15年11月28日〜12月13日)の会議結果」として議員と議案ごとに、賛成、反対、または退席を一覧にまとめたものが公開されている。

武雄市立ツタバ書店が開店して8ヶ月しかたっていないという表現も可能であるが、当時の武雄市長である樋渡啓祐の議会をないがしろにした独裁姿勢にともなう市長特命随意契約に基づく企業癒着0.2は顕著になっており、これに対して議会の議員としては当然ごとく問題だと認識できるはずであり、さらにカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が何をしている企業なのかを寸分なりとも関知していれば、同議案に対しては反対を投じられるはずである。逆にいえば賛成をした議員は問題だと認識できず「我も独裁を用いて企業癒着0.2の恩恵にあやかりたい」と考えたボンクラだと断じる。

なお、議決した後から後悔していると言うならば、議会で2015年10月1日のオープンを阻止すべく動けたはずであり、2015.09.25時点でこれを阻止する議員提案が議会でされたことを検知できていない。

よって、次に海老名市立図書館のツタバ書店化に賛成した海老名市議会議員を一括してボンクラとして列挙する。列挙順は上記の「平成25年第4回海老名市議会定例会(平成15年11月28日〜12月13日)の会議結果」の左から右へを上から下へである。

  • 氏家康太
  • 藤澤菊枝
  • 森下賢人
  • 宇田川希
  • 中込淳之介
  • 永井浩介
  • 飯田英榮
  • 鈴木惣太
  • 鶴指眞澄
  • 山口良樹
  • 鈴木守
  • 倉橋正美
  • 久保田英賢
  • 公明党 福地茂
  • 公明党 日吉弘子
  • 公明党 戸澤幸雄
  • 奥村正憲
  • 志野誠也

ただし、市川敏彦は議長のために評決に加わっていないためにリストから除外する。

なお、その後の海老名市議会議員の不祥事については、「海老名議会選挙 2019 要注意人物」にて取り上げている。

広告
わたしたちが海老名市にツタヤ館を作りました 2015.11.29更新