伊賀市にもツタバ図書店汚染か?

毎日新聞で「伊賀市:庁舎地活用 特別委「図書館」案同意せず 来月議会報告へ /三重」という記事があった。

本blogに引きこもっている間に伊賀市にもツタバ図書店汚染が及んでいたようだ。

—- 2015.08.22 0025時追記 —-

まず、「伊賀市役所/伊賀市新図書館基本計画に関する答申」があり、その中の付帯事項として

公共図書館は“癒し の機能をも併せ持つ快適な知的コミュニケーション空間”であると同時に “人々の「知る自由」(知る権利)を保障する民主主義の砦”です。

と釘を刺した答申となっている。これに対応した報道として、伊賀タウン情報 YOUで「「図書館ではなくコンパクトな新施設」で確認 庁舎整備特別委」がある。

—- 2015.08.22 0041時追記 —-

そんな中、伊賀市ゆめぽりすセンターが「明日の図書館を考える会 立上げ記念勉強会 図書館を考える。」というブログエントリーを公開し、その中に「図書館が”まち”をつくる 武雄市図書館の事例から」と題した講演があり、その演者が事後収賄罪疑惑樋渡啓祐である。

—- 2015.08.22 0937時追記 —-

大本の経緯は、産経WESTの「【関西の議論】揺れる忍者の里『伊賀』、市庁舎移転めぐり市長×経済界の異様…住民投票実施も市民は関心薄く」に詳しい。

—- 2015.08.22 1531時追記 —-

毎日新聞に「岡本・伊賀市長:お城テラス「良い提案」 商議所と意見交換望む /三重」という記事もあった。

伊賀市にもツタバ図書店汚染か?