用途は後決めで個人情報を収集するクソ学者

京大が1人1台PCで中学生徒の「学習ログ」蓄積、MSやNECなど協力 – ZDNet Japan」という記事があった。

注目すべきは、京都大学学術情報メディアセンター教授の美濃導彦なる人物の妄言だ。いわく

「蓄積した学習ログを分析し、何に活用できるのかを研究していく」

クソ学者、個人情報の利用目的を同意取得後に変更をすると公言しているに等しいぞ。

広告
用途は後決めで個人情報を収集するクソ学者