不当な契約条項の削除などを企業に求めることができる

ライザップに広告削除申し入れ NPO「一部が誇大」:朝日新聞デジタル』という報道があった。

ここで気になったのは

NPO法人ひょうご消費者ネットは(中略)国が認定した適格消費者団体で、不当な契約条項の削除などを企業に求めることができる。

という部分だ。脱法ぎりぎりをずかずかと踏み込む「日本の」腐れスタートアップに鉄槌を下せる団体を組織するのも、適切な個人情報の扱いを求めることに声を上げるためには良い手なのかもしれぬ。

広告
不当な契約条項の削除などを企業に求めることができる