現ただの樋渡啓祐が横須賀市に寄生する?(2015.05.09 1838時追記)

明確に反自治体寄生虫樋渡啓祐を掲げてくださっている横須賀市議会議員のフジノさんのブログに「樋渡啓祐氏(吉田雄人市長のお友達)を「地方創生アドバイザー」として横須賀市が雇用するのか否かの問題について(その1)」とのエントリーがあった。

経緯と問題点は同エントリーにまとまっているので抽出はしない。

自分のビリーバー首長または議員をつてに、地方創生予算を見込んで税金寄生虫(タックスイーター)しつつ売名したい現ただの樋渡啓祐の動向には、皆さんが住んでいて税金を納めている自治体に何時何時食いついてくるのか分からないので注意を要する。

たけお問題クラスタの方々はすでに周知のことだが、現ただの樋渡啓祐が行くところのすべてに自治体寄生虫事業を主業務とする株式会社cotodeの代表取締役社長杉山隆志が必ず金魚の糞をしていることも忘れてはならない。

1452時追記 横須賀市に対して「樋渡啓祐を地方創生アドバイザーとするに至った経緯および報酬等が分かるすべての文書」として行政文書開示請求すべきなのだろうか?

1456時追記 フジノさんから次の情報提供あり。

2015.05.09 1838時追記 フジノさんのブログに「樋渡啓祐氏(吉田雄人市長のお友達)を「地方創生アドバイザー」として横須賀市が雇用するのか否かの問題について(その2) | 横須賀市議会・無所属・藤野英明」との追加記事あり。
この中で力強く

「横須賀市議会議員としてフジノは、佐賀県武雄市に対して正式に内容証明郵便を送り、この『記述の削除』を求めます。」
「問題の張本人である樋渡啓祐氏にも、同様に、内容証明郵便を送り、『ブログの記述の訂正』と横須賀市民への謝罪を求めます。」

との責任追及の宣言あり。地方議員および地方首長に企業癒着0.2ビリーバーが多い中、横須賀市と鎌倉市ではこれを許さない議員さんがいてうらやましい。

広告
現ただの樋渡啓祐が横須賀市に寄生する?(2015.05.09 1838時追記)