独裁企業癒着市長が鎌倉市役所に直電

 元武雄市市長および佐賀県知事選出馬予定の樋渡啓祐が鎌倉市役所に「なんで鎌倉市は自治体運営型通販サイトに参加しないんだ!」とばかりにぶち切れて架電したという事案に関して、武雄市市長樋渡啓祐の虚言癖(2014.01.26追記および全面改修)鎌倉sgを中止した証拠はない(暫定版)で取り上げたが、当該事案に関する鎌倉市議会から議事録(16時29分再開から)が公開されていたことを今(2014.12.18)になってので、ここに引用する。

中澤委員長「それから、もう1点だけ確認させていただきますが、今回の件について、大隅次長のところに、契約相手先である武雄市の市長から直接電話があったということを伺っているんですが、これは事実ですか。」
大隅政策創造担当次長「電話がきたということは受けましたけれども、直接電話をしたということではありません。私はそのとき不在にしておりましたので、その伝聞を聞いたということでございます。これが事実です。」

 元武雄市市長および佐賀県知事選諸出馬予定の樋渡啓祐が私的なBLOGで「鎌倉市役所に自分は電話していない」という主張のように読める人がいるかもしれないが日本語の文章になっていないただのおめき声を世界にぶちまけていた記憶があるが、鎌倉市議会の公式議事録として「武雄市市長(当時)樋渡啓祐から鎌倉市政策創造担当次長大隅へ電話があったとの伝聞があった」と記録されたことは実に喜ばしい。

 それでも、佐賀県民または自民党佐賀県支部のあなたは樋渡啓祐を佐賀県知事に選びますか?

広告
独裁企業癒着市長が鎌倉市役所に直電