独裁企業癒着市長が鎌倉市役所に直電

 元武雄市市長および佐賀県知事選出馬予定の樋渡啓祐が鎌倉市役所に「なんで鎌倉市は自治体運営型通販サイトに参加しないんだ!」とばかりにぶち切れて架電したという事案に関して、武雄市市長樋渡啓祐の虚言癖(2014.01.26追記および全面改修)鎌倉sgを中止した証拠はない(暫定版)で取り上げたが、当該事案に関する鎌倉市議会から議事録(16時29分再開から)が公開されていたことを今(2014.12.18)になってので、ここに引用する。

中澤委員長「それから、もう1点だけ確認させていただきますが、今回の件について、大隅次長のところに、契約相手先である武雄市の市長から直接電話があったということを伺っているんですが、これは事実ですか。」
大隅政策創造担当次長「電話がきたということは受けましたけれども、直接電話をしたということではありません。私はそのとき不在にしておりましたので、その伝聞を聞いたということでございます。これが事実です。」

 元武雄市市長および佐賀県知事選諸出馬予定の樋渡啓祐が私的なBLOGで「鎌倉市役所に自分は電話していない」という主張のように読める人がいるかもしれないが日本語の文章になっていないただのおめき声を世界にぶちまけていた記憶があるが、鎌倉市議会の公式議事録として「武雄市市長(当時)樋渡啓祐から鎌倉市政策創造担当次長大隅へ電話があったとの伝聞があった」と記録されたことは実に喜ばしい。

 それでも、佐賀県民または自民党佐賀県支部のあなたは樋渡啓祐を佐賀県知事に選びますか?

広告
独裁企業癒着市長が鎌倉市役所に直電

独裁企業癒着市長についての簡潔なまとめサイト

 「あなたは樋渡啓祐を佐賀県知事に選びますか?」というサイトが公開されています。
 あなたの住む自治体に樋渡啓祐とこれの茶坊主である杉山隆志が代表取締役を務め自治体税金寄生虫事業を営む株式会社cotodeの魔手が伸びてきていたら、このサイトを自治体職員および議員に周知しましょう。
 ありがたいことに、同サイトにはA4版1枚にまとめられたPDFも用意してくれているので、自治体職員および議員へ陳情する際の一助となってくれるでしょう。

 なお、株式会社cotodeは元株式会社SIIISで、上場企業であるサイオステクノロジー株式会社の連結対象子会社でしたが、多様な法令違反や樋渡啓祐との癒着の悪評をかんがみてか、株式会社SIIISから自治体税金寄生虫事業とこれを取り仕切っていた樋渡啓祐の茶坊主を自認する杉山隆志とともに別事業会社に分割され、自治体寄生虫事業と杉山隆志は親会社であるサイオステクノロジー株式会社から断絶され、さらに買収した会社の社名である株式会社関心空間へ変更させられおり、サイオステクノロジー株式会社の上場企業としての体裁を繕おうとする姿勢がうかがわれます。
 ただし、鎌倉市への自治体税金寄生虫事業の一切を取り仕切り、鎌倉市議会議員である永田磨梨奈に取り入った宮田正秀が株式会社 関心空間の代表取締役社長であることから、同社が自治体税金寄生虫事業と縁を切ったことにはならないことに注意が必要です。

独裁企業癒着市長についての簡潔なまとめサイト

リンク