事務経過一覧 ver.2

 自治体運営型通販サイトに係る事務経過一覧(補完版) 2013.12.19版にて、未だ理解できない鎌倉市政策創造担当部|中沢克之(自民党鎌倉市会議員) オフィシャルブログ「温泉議員日記」Powered by Amebaの6枚目と7枚目の文書である「平成25年11月19日 総務常任委員会 資料 自治体運営型通販サイトに係る事務経過一覧」を元に、わたしが神奈川県と鎌倉市へ開示請求した結果を補完して情報を整理しておいたが、元にする資料を通知書の文書番号とともにわたしも入手しておきたいと考えたので、これを開示請求していたところ、鎌倉市指令政第30号 行政文書公開決定通知書として、中澤克之鎌倉市議が公開してくださっていたものと同一の文書が開示されたので、今後はこれを元にして情報を補完していく。

 表の記述方法は次のとおり。

  • 「年月日」と「内容」は元にした一覧が基本だが、元にした一覧になかった項目については「記載なし」とし、行全体にアンダーラインを施した。
  • 「内容」の「※」に続く文章は、元にした一覧の内容に追記した部分である。
  • 「外部送信先」から「武雄市職員」までが送信側とその担当者である。
  • 未確定は、開示文書から確定できなかった項目であり、今後開示請求を要するものである。
  • 「対応行政文書」については根拠電子ファイルへリンクしてあるためのアンダーラインとなっている。

 また、突き合わせに使用した当方が開示請求して開示を受けた2014.01.25時点での行政文書(7項までは2013.12.19、*項までは2014.01.25)は次のとおり。

  1. 鎌倉市指令政第4号 (2013.12.01追記)
  2. 鎌倉市指令政第5号
  3. 経営企画部における経緯
  4. 鎌倉sgの経緯についての神奈川県の情報公開(2013.11.26 改題および追記)
  5. 鎌倉市指令政第4号を出し直させた
  6. 鎌倉市とFB良品関係者の接触記録(2013.12.23修正)
  7. 経営企画部における経緯(追加)
  8. 鎌倉市指令政第36号 行政文書公開決定通知書と開示された25鎌政第172号25鎌政第174号、および鎌倉市指令政18号で開示された同一文書
  9. 鎌倉市指令総第17号 行政文書公開決定通知書および開示文書である鎌議第452号 議決された予算の送付について
  10. 鎌倉市指令経第19号 行政文書公開決定通知書および文書収受簿
  11. 鎌倉市指令経第20号 行政文書公開決定通知書および文書収受簿
  12. 鎌倉市指令経第21号 行政文書公開決定通知書および文書収受簿
  13. 鎌倉市指令経第22号 行政文書公開決定通知書および文書収受簿
  14. 鎌倉市指令経第23号 行政文書公開決定通知書および文書収受簿
  15. 鎌倉市指令政第48号 行政文書一部公開決定通知書支出負担行為伺書(発議番号17211)、鎌倉市指令政第25号の随意契約にかかる協議依頼書 別紙 自治体運営型通信販売サイト構築運営業務委託随意契約理由書と同一文書、鎌倉市指令政第4号の業務委託契約書(案)と同一文書、鎌倉市指令政第4号の鎌倉市指令政第4号の業務委託仕様書(案)と同一文書、鎌倉市指令政第4号の2013年08月19日付け 見積と同一文書、鎌倉市指令政第25号の随意契約にかかる協議依頼書、鎌倉市指令政第25号の随意契約にかかる協議依頼書 別紙 自治体運営型通信販売サイト構築運営業務委託随意契約理由書と同一文書がもう1回、鎌倉市指令政第4号の業務委託契約書(案)と同一文書がもう1回、鎌倉市指令政第4号の鎌倉市指令政第4号の業務委託仕様書(案)と同一文書がもう1回、鎌倉市指令政第25号の事業費全体と同一文書、そして鎌倉市指令政第4号の2013年08月19日付け 見積と同一文書がもう1回
  16. 鎌倉市指令政第52号 行政文書不存在決定通知書

 なお、15項のように、確かに支出負担行為伺書の構成としては理解できるが、過去に開示したものを延々と重複してコピーしてよこすのはもはや嫌がらせとしか思えない。通知書を除いて有用だったのはたった3枚だ。
 また、16項の「行政文書が存在しない理由」は一読に値する。いわく、「株式会社SIIISとの面談で口頭にて確認したけど、議事録は作ってないからね」。(当然、異議申立書を発行する)

PDF版はこれ

 残念ながら、政策創造担当の行政文書隠蔽工作によりほとんど埋まらない。よって、政策創造担当におかれましては、自分が隠蔽した結果であるので、11件の異議申立書の処理に忙殺されることを覚悟していただく結果となった。

広告
事務経過一覧 ver.2