武雄市市長樋渡啓祐の虚言癖(2014.01.26追記および全面改修)

 2013.12.20 0952時に武雄市市長樋渡啓祐がTwitterで

.bbpBox{background:url(http://a0.twimg.com/profile_background_images/109502614/041104-081032.jpg) #FF6699;padding:20px;}

事実無根。中沢議員もここまで書ければもうファンタジーの世界ですね。むしろ、あなたのパワハラに職場は参っているらしいよ。 RT @nakazawajimusho 先週、ある方から「武雄市長が政策創造担当次長に電話をかけてきて、次長がまいっている」との話・・2013年12月20日 9:52 via SOICHA

とtweetを行った。このtweetでの論点は、ふたつあり、

  1. RTで引用している中澤克之鎌倉市議が「武雄市長が政策創造担当次長に電話をかけてきて、次長がまいっている」としたことを「ファンタジーの世界ですね」としたこと。
  2. 中澤克之鎌倉市議に対して「むしろ、あなたのパワハラに職場は参っているらしいよ。」としたこと。

 まずは、「他市の市長である武雄市市長樋渡啓祐が鎌倉市の行政に直接関与したのか?」を確認事項とする1項については、次のように確認する方向性を変えて4つ開示請求を行った。

  • 「鎌倉市職員に対して他市の首長が鎌倉市市長松尾崇と懇意であることを根拠に、自治体運営型通信販売サイト構築運用事業が本年度に限って断念に至ったことについて電話で抗議に類する行為をしたことを示すすべての文書(電磁的記録および通話記録を含む) 」を開示内容として開示請求を行ったところ、鎌倉市指令政第38号 行政文書不存在決定通知書が到着した。いわく、「政策創造担当においては、今年度の自治体運営型通信販売サイト構築運営業務の実施を断念することについて、他市の首長から電話で抗議に類する行為が行われた事実はありません。」とのこと。
  • 「鎌倉市のすべての部署における武雄市市長樋渡啓祐からの着信履歴のすべて(電磁的記録 も含む)」開示内容として開示請求を行ったところ、鎌倉市指令管第30号 行政文書公開決定通知書およびいずれも武雄市役所の秘書課、商工流通課、およびフェイスブック・シティ課を対象とした通話履歴が到着している。通話履歴をみると、095-423-9183という電話番号(すなわち、武雄市役所 営業部商工流通課)を相手に65件の発着信があったことを確認できる。さらによく見ると、話題になった2013.12.20には同番号からの4件の着信がある。
  • 「平成25年12月定例会・委員会 平成25年12月19日(木) 総務常任委員会 日程第1 報告事項 (1)自治体運営型通信販売サイトの取組状況についてにて、政策創造担当次長が武雄市市長樋渡啓祐からの着信があったと答弁したが、当該着信の日時、発信元の電話番号、および通話内容が分かるもの。」を開示内容として開示請求を行ったところ、鎌倉市指令政第51号 行政文書不存在決定通知書が到着した。いわく、『政策創造担当次長が「武雄市長が政策創造担当担当次長と直接電話で話をしたい」との伝聞を受けたこと、政策創造担当次長は武雄市長と直接会話していないことは、総務常任委員会における答弁のとおりですが、これに関する行政文書は存在していません。』
  • 「鎌倉市役所へ武雄市市長樋渡啓祐から電話がなかったことを確認できるすべての文書」を開示内容として開示請求を行ったところ、鎌倉市指令政第51号 行政文書不存在決定通知書が到着した。行政文書が存在しない理由は、鎌倉市指令政第51号 行政文書不存在決定通知書と同一であり整合性がある。

 以上のことから1項については、鎌倉市指令管第30号 行政文書公開決定通知書通話履歴から095-423-9183という電話番号、すなわち武雄市役所 営業部商工流通課から話題になった2013.12.20には同番号からの4件の着信があり、鎌倉市指令政第51号 行政文書不存在決定通知書鎌倉市指令政第51号 行政文書不存在決定通知書で2度にわたって『政策創造担当次長が「武雄市長が政策創造担当次長と直接電話で話をしたい」との伝聞を受けたこと』を証言していることから、「武雄市市長樋渡啓祐が営業部商工流通課までお出向きになって、後述する同課課員弦巻一寿を介して営業部商工流通課の電話を使い、鎌倉市政策創造担当の内線に架電したかもしれない」という想像にとどまるので、これも後述の開示請求を用いて再検証する必要があるだろう。

 2項についてだが、ここで気をつけたいのは「武雄市市長樋渡啓祐が中澤克之鎌倉市議が鎌倉市職員にパワハラをしている」と指摘したことに加えて、これを「らしいよ」という表現で「武雄市市長樋渡啓祐が何らかの手段で知っている」というふたつの意味を含んでいることだ。まず、「武雄市市長樋渡啓祐が中澤克之鎌倉市議が鎌倉市職員にパワハラをしている」という事象の確認のために

武雄市市長樋渡啓祐がツイッターにて「あなたのパワハラに職場は参っているらしいよ。」と中澤市議への返信を全世界に公言したが、鎌倉市職員が中澤議員の活動をパワハラとしていることを示すすべての文書。(電磁的記録および電話の通話履歴も含む)

を請求する行政文書の内容として行政文書開示請求を行ったところ、鎌倉市指令職第31号 行政文書不存在決定通知書が2014.01.07に到着した。
 「行政文書不存在決定通知書」なので、「行政文書として作成はされていないのでありません」という悪い意味でのお役所仕事の結果かと落胆をした。
 しかし、「行政文書が存在しない理由」を読んで、事務担当の職員課人事研修担当さんのきちんとしたお役所仕事に頭が下がる思いがした。いわく、

現在、請求の内容に関する相談の受付、行政文書の作成および取得はしていないため、行政文書の存在はありません。

 すなわち、事務担当部署名から想定される鎌倉市職員の人事を統括する部門が「そもそも中澤克之鎌倉市議が鎌倉市職員に対してパワハラをしているという鎌倉市職員からの相談自体が存在しない」ので、「行政文書の作成および取得がない」と武雄市市長樋渡啓祐の主張を根本から否定し、嘘だと断じたのだ。

 「武雄市市長樋渡啓祐が何らかの手段で知っている」については、鎌倉市指令管第30号 行政文書公開決定通知書で開示された通話履歴の再検証として、鎌倉市役所の皆さんはお気の毒 : 武雄市長物語で人身御供として提示された営業部商工流通課 弦巻一寿の鎌倉市との接触記録の開示請求し、整合が取れるのかを検証する予定である。

 さて、武雄市市長樋渡啓祐に起因する各種問題を追いかけてきた方にとっては、同氏にはには虚言癖があり、あらゆる場所でさも真実であるかのように嘘を重ねていることはご存じだろう。これにより、同氏の発言は有志が自腹で情報開示制度を用いて裏取りをしなければならない状況に陥っている。
 すでに裏取りがなされている事案はすでに2件あるので、今回が3件目となる。

 最初は、

.bbpBox{background:url(http://a0.twimg.com/profile_background_images/109502614/041104-081032.jpg) #FF6699;padding:20px;}

2か月前、宮内庁からオファーがあり腰抜かしました。 RT @mamotoku 市の図書館に、すごいことです! RT @hiwa1118: [exblog] 高円宮妃殿下が武雄市図書館にお成り http://t.co/Z7DWtHTZAW2013年8月5日 22:04 via SOICHA

に起因した、@keikumaさんのサーバ管理者日誌 武雄市長・樋渡啓祐氏による皇室の政治利用とウソで検証された宮内庁相手の嘘だ。

 次に、@todotantanさんの武雄市市長樋渡啓祐の意向をそのまま素材として使用したテレビ朝日|報道ステーションを起因とした、折り目をつけない | 海馬への境界線で検証されたテレビ局相手の嘘だ。

広告
武雄市市長樋渡啓祐の虚言癖(2014.01.26追記および全面改修)