鎌倉市とFB良品関係者の接触記録(2013.12.23修正)

 鎌倉市の市民活動部、政策創造部、および経営企画部に対して、

次に例示する人物との接触に関するすべての文書(電磁的記録も含む)
1.株式会社SIIIS 代表取締役 杉山隆志
2.株式会社SIIIS 取締役 宮田正秀
3.武雄市職員 古賀敬弘
4.長崎市 職員 岸川杏子
なお、上記4名は例示であって、F&B良品ホールディングス企業連合 を構成する企業および自治体職員や自治体首長も含む。

を請求する行政文書の内容として、行政文書公開請求を行ったところ、次のような開示結果となった。なお、03については後記事と重複する部分は除外した。

01.市民活動部 観光商工課 鎌倉市指令観第13号 行政文書一部公開決定通知書およびその開示文書
02.経営企画部 経営企画課 鎌倉市指令経第13号 行政文書不存在決定通知書
03.政策創造担当 鎌倉市指令政第14号 行政文書一部公開決定通知書
04.政策創造担当 鎌倉市指令政第14号 2013.08.19版見積もり 株式会社SIIIS代表取締役杉山隆志
05.政策創造担当 鎌倉市指令政第14号 メール 株式会社SIIIS宮田正秀
06.政策創造担当 鎌倉市指令政第14号 メール 武雄市営業部古賀および岸川、株式会社SIIIS宮田正秀
07.政策創造担当 鎌倉市指令政第14号 25鎌政第195号 株式会社SIIIS代表取締役杉山隆志および武雄市市長樋渡啓祐
08.政策創造担当 鎌倉市指令政第14号 25鎌政第215号 株式会社SIIIS代表取締役杉山隆志および武雄市市長樋渡啓祐
09.政策創造担当 鎌倉市指令政第14号 損益分配について(株式会社SIIIS代表取締役杉山隆志および武雄市市長樋渡啓祐)

 ここで気がかりなのは、01の開示文書1ページの3項の注意書きとして「全担当課長が作成」そして「一般競争入札になる云々は前次長の発言である」と妙に念押しをしていることである。現課長と現次長は、前課長と前次長の発言を踏襲しないとの意味を含めているのだろうか?
 また、21ページに株式会社SIIISの見積書があるのだが、発行日がないにも関わらず有効期限が記載されているのは、商慣習として異常と感じるのはわたしだけだろうか?

さて、03ではまたしても

通信販売サイトの開設に向けた打ち合わせ資料には、市としての最終的な意思決定がされる前の検討過程の未成熟な情報が多分に含まれており、これらを公開することにより、不正確な理解や誤解を与え、事業の推進に無用な混乱を招く恐れがあるためです。

との記載があったので、鎌倉市指令政第14号 行政文書一部公開決定通知書に対して異議申し立てをすることを宣言する。また、「株式会社SIIIS代表取締役杉山隆志との接触はないので不開示」との記載もあった。

 市民活動部と経営企画部が同じ接触記録の開示請求内容に対して同じ鎌倉市指令政第13号という文書番号で開示通知を行っているにもかかわらず、03の政策創造担当は前述のふたつの部と同期を取ることすらせずに、文書番号に合致しない請求内容(鎌倉市指令政第8号出し直せ)に対する開示をしていることに失笑を禁じ得ない。政策創造担当は本当に文書管理をしているのか? 文書管理ができない事務員の文字通りの人材の墓場か?(次の段落の理由により2013.12.23取り消し)

2013.12.13追記、市民活動部観光商工課および経営企画部経営企画課からの決定通知書の文書番号が間違っていたのでこれを修正するとともに、リンク先の対象物はそのままにリンクだけを全面改定した。

広告
鎌倉市とFB良品関係者の接触記録(2013.12.23修正)